派遣やパート・アルバイトなど非正規職で働くシングルの女性たちを応援する取り組みを行っています

調査結果から聞こえる当事者の声

「非正規職シングル女性の社会的支援に向けたニーズ調査」(ウェブアンケート調査及びグループインタビュー)に寄せられた当事者の声からは、低収入と雇用継続の不安、老後や健康への不安、独身であることへの社会のまなざしなどが、如実に浮かび上がりました。

契約・嘱託
~重い責任と仕事過重、雇用継続の不安~

契約更新されるかいつも不安。退職金もなく契約を切られて放り出されると、生活できなくなる。

(36歳 女性)

正規雇用と変わらず責任の重い業務を担当しているのに、低賃金で期限付き。高い社会保険料や税金を払っているのに、(子育て支援のようには)何の支援も、評価もない。契約終了後にまた仕事が見つかるかわからない。どうしたらよいのか・・・。

(48歳 女性)

派遣社員
~雇用継続への高い不安、研修機会も交通費もない低待遇~

社員と同じ仕事をしているのに交通費もボーナスもない。休みも年休しかない。

(36歳 女性)

研修もない、セミナーや会議にも参加できない、出張もないので外の人と接する機会がない。

(40歳 女性)

派遣法改正でこの先どうなるかわからない。

(41歳 女性)

パート・アルバイト
~就労形態別で最も低収入、6割強が年収150万円未満~

月に22日出勤しても手取り10万程度。時給がとにかく低すぎる。

(35歳 女性)

仕事量が時期によって違うため収入が不安定。他のバイトとかけもちでなんとかやっている。

(35歳 女性)

「老後の生活」について

老後、年金だけでは施設に入ることも不可能。自分は孤独死するだろう。

(44歳 女性)

親の死後、孤独になること。公務員だった母の年金収入が途絶えることによる生活の不安。

(51歳 女性)

「健康」について

摂食障害をかかえながら働いており、いつまでもつのか考えるときがある。

(35歳 女性)

正社員だと健康診断は無料だが、自分は費用を比較して受ける範囲を(限定期に)選ばざるを得ない。健康面や老後の不安は、若いときは感じなかったが、今ひしひしと感じている。

(48歳 女性)

家族と自分の健康が一番気がかり。家族、自分のどちらが倒れても今の生活が成り立たなくなる。非正規職のため、病気になっても休職することができず不安。

(50歳 女性)

「家族の世話・介護」について

弟が2人いるが仕事をしているので、自分が仕事をやめて親の介護をすることになるのでは、と思う。結婚していて夫の収入があって保障されていれば、それもありだが、自分はそうではない。自由がない。

(30代後半 女性)

母の介護のとき、正社員で介護休暇のある姉の出産と重なり、介護休暇もない自分が介護を担った。その大変さを姉には理解してもらえない。

(42歳 女性)

現在両親の介護中で、私自身もがんサバイバー。負債やローン等に困窮し、両親の年金、きょうだいの援助で生活している。両親亡きあとは即貧困になる。

(49歳 女性)

「独身であること」について

独身、子なしだと非国民と思われる。国も産まないのが問題だという。

(37歳 女性)

体調不良で救急搬送された際、付き添いがないことを理由に受け入れを断る病院が多かった。独身女性は病院にもいやがられる。お金で解決できないのはつらい。

(42歳 女性)

中年以上の非正規職独身女性に壁となっているのは「金と時間と自由がある」、「自ら選んでいる」、「親が裕福」などの世間の偏見と企業の体質。見ぬふりをしてきた国と行政。このアンケートが実施されて、メディアを使い、拡散してもらうだけでも第一歩。

(42歳 女性)

「住まい」について

今は父と住んでいるが独立したい。URの賃貸住宅を探しても家族向けは多いが、シングル向けにはない。

(42歳 女性)

空家や団地などを安く提供してくれないだろうか。住まいがないのは切実。高齢者が多い団地なら、自分(たちの世代として)もできることはやろうと思うが。

(42歳 女性)

安アパートなので隣近所に筒抜け。引っ越すにも賃貸だと保証人や収入審査がきびしい。

(43歳 女性)

非正規職で働くシングル女性の支援を行っています (公財)横浜市男女共同参画推進協会

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © (公財)横浜市男女共同参画推進協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.