情報ライブラリ

ご存知ですか?情報ライブラリ。
フォーラム(男女共同参画センター横浜)の1階にあります。

男女共同参画の視点から、図書、雑誌、新聞、視聴覚資料(ビデオ・DVD)、ポスター等などを集めている専門図書館です。
館内での閲覧のほか、ライブラリカードをお持ちの個人・団体に貸出も行っています。
おすすめ本の展示や、テーマ別ブックガイドの発行も行っています。

フォーラム(戸塚区)の情報ライブラリのほか、フォーラム南太田の資料室、アートフォーラムあざみ野の交流ラウンジでも図書を所蔵。3館の所蔵資料は、現在、合計57,000冊!
貸出(予約本の受取)・返却は、いずれの館でもお受けします。

そんな情報ライブラリから、今イチオシの本をご紹介します。

今、イチオシの本

『オトナ女子のためのさみしさくんのトリセツ』
著者/大森篤志
出版/ 飛鳥新社(2018年)

多くの友人に囲まれている人も、ひとりでいることが多い人も、
時折襲われることがある“さみしさ”という感情。本書では、
そのさみしさと上手につきあう53の方法を紹介します。
オトナ女子はもちろん、男性にもおすすめです。

 

『相続・贈与の節税をするならこの一冊』
著者/渡辺由紀子 著
出版/ 自由国民社 (2018年)

2018年に相続法が約40年ぶりに改正され、
この間に変化してきた社会状況を考慮した内容が法律に反映されています。
本書は、税理士である著者が自身の相続の経験を踏まえ、
今回の改正のポイントや生前贈与、財産の評価など、円満な相続に必要な知識を分かりやすく伝えます。

 

『おひとりさまのゆたかな年収200万生活』
著者/おづ まりこ
出版/KADOKAWA(2018年)

上京して10年、年収約200万円の派遣OLとして暮らしてきた著者。
お金があればあるだけ使ってしまう女子だったが、「月の予算を12万円に決めた」ことで
身のたけに合ったやりくりができるように…。「おひとりさま」コミックエッセイ。

 

『シニアシングルズ女たちの知恵と縁』
著者/大矢さよ子・湯澤直美 編
出版/ 大月書店 (2018年)

年金だけでは暮らせない現実、不安定な仕事に就かざるを得ない環境、
なおのしかかる教育ローン、待ったなしの親の介護・・・。
中年期から高年齢期のシングル女性たちの仕事や暮らしの実際を伝えます。
まず、ひとりで生き抜いていくこと、そのことが保障されている社会でこそ
人と人のつながりが豊かなものになるというメッセージの大切さが伝わってくる本です。

 

『ブラック企業から身を守る!会社員のための「使える」労働法』
著者/今野晴貴
出版/イースト・プレス (2018年)

パワハラ、セクハラ、サービス残業、解雇、転職・・・。
これからの時代は、会社に人生を預けてはいけない。
自分の身は自分で守る必要がある。
そのための強力なツールが労働法だと著者は言います。
泣き寝入りせずに、会社と対等な立場に立って交渉するために欠かせない
労働法のテクニックを具体的にわかりやすく説明します。

 

ご紹介した本は、情報ライブラリで所蔵しています。10冊まで貸出できます。
本のご予約は情報ライブラリ検索システム、または電話(045-862-5056)でお受けしています。