6月某日、梅雨入り前のよく晴れた午後、昨年度の「仕事とくらしのセーフティ講座」の受講者による交流会がフォーラムで開かれ、5人の方が参加されました。

みなさん、おにぎりやお惣菜、お菓子など思い思いの食べ物を持ち寄って、ランチをしながら近況報告や情報交換を行い、交流タイムを楽しんだようでした。担当者もごあいさつがてら、ちょっとだけお邪魔して、受講から半年たったみなさんに追跡インタビューをさせていただきました。

受講から半年、それぞれの変化

-「仕事とくらしのセーフティ講座~シングル&アラフォーのあなたに」の受講から半年たちましたが、ご自分の中での変化はありましたか?

Aさん「情報を自分から取りに行くようになりました」

Bさん「実務に役立ちそうな資格の勉強を始めました」

Cさん 「相変わらず仕事が忙しいけれど、『自分の時間を持とう』という気持ちになりました」

Dさん「最近、積立て貯金を始めました」

Eさん「『非正規シングル女子』のツイッターで紹介していた『契約労働法改正についてのセミナー』に行ってみました」

「かわったことは特にない・・・」と言われたらどうしようかと内心ドキドキしていたのですが、受講を通じて、それぞれにメッセージを受け取ってくださったんだなぁと、じんわり。

「新たにプログラムで取り上げてほしいこと」として、「入院や手術が必要になったときの手続きや準備」など、具体的なリクエストもいただきました。

「健康」や「介護」は、今年のプログラムで新たに取り上げるテーマなので、体調管理やケア方法と両輪で、「いざというときの対策」もお伝えできたらと考えています。

今年のプログラムは、各回にミニ交流会が付いています

派遣・契約・パートなど非正規職で働く女性は多いものの、職場の悩みや雇用の不安定さについて、同じ立場の人同士、本音で話せる機会が意外に少ないのではないかと思います。6月17日から開催する「仕事とくらしのセーフティ講座~パート・派遣・契約で働くシングルのあなたに」は、第二回は若干の空席があります(第1回、第3回、第4回の受付は終了しました)

今年度から講義終了後に毎回交流時間を設けますので、同じ立場の人と話してみたい、情報を共有したいという方、ぜひご参加ください。